このエントリーをはてなブックマークに追加
Menopause of Woman

耳トラブルを知る

判別しにくい耳鳴り

日常生活は様々な音でありふれていますが、これまで聞こえていた音が急に聴こえなくなってしまうとに日常生活にあらゆる支障が発生してしまいます。最近ではイヤホンやヘッドフォンを利用する人が増えてきているので、大きな音を聴く機会が増えていると言われており、耳の酷使が原因となって難聴になる人も少なくありません。難聴になるときには事前に予兆がある人もおり、その症状に耳鳴りがあります。耳鳴りは日常生活の中で多くの人が経験したことがある現象である為、耳鳴りが起こっても難聴の前兆と気付かない場合も多くあります。しかしながら耳鳴りは頻繁に発生するものでもないので、よく耳鳴りが発生する、耳鳴りが長らく収まらないという人は早めに耳鼻科へ診察に行くのが良いでしょう。

難聴や病気を伴う耳鳴り

多くの人が経験済みの耳鳴りにも種類があり、自覚的耳鳴りと他覚的耳鳴り、難聴を伴う難聴性耳鳴りに分けられます。自覚的と他覚的耳鳴りの場合であれば、基本的に問題があるケースは少なく、日常でたまに発生する耳鳴りの1種であるケースがほとんどです。それに対して難聴性耳鳴りの場合は本来の音が聞こえにくくなることに加えて、本来存在しない音が聞こえるのが特徴です。もし耳鳴りが頻繁に発生し、普段の会話が聞こえにくくなったと感じる人は、難聴を伴う耳鳴りの可能性があります。難聴と一緒に発生する耳鳴りの他、耳鳴りは他の病気の前兆であるケースもあります。特に血管の異常で耳鳴りが発生する場合もあるので、明らかに違う音が聞こえるようになった場合は病院へ相談に行くことが大切です。早期発見早期治療によって難聴になるのを防ぐことができます。

アプローチ

耳鳴りや難聴などの症状を改善するためには、まずは病院でその人によって違う原因を突き止める事も大切です。耳鳴りや難聴の症状を改善するために、漢方薬やサプリメントを利用する事ができます。アプローチの仕方にはそれぞれに違いがあります。

Read More

耳鳴り

耳鳴りや難聴は別物で対策も変わってきます。家庭でできることもあり耳鳴りに関しては音とうまく付き合うことが大事になってきます。サプリメントなどを使ってみて改善させることが出来る場合もあります。まず病院で診察が大事になってきます。

Read More

オススメリンク

若い世代に増える難聴

難聴の中でも若い世代を中心に増えてきているのがヘッドフォン難聴です。この難聴には症状があり、耳鳴りや周囲の音が聞こえにくく感じる他、テレビの音が大きいと指摘される人もヘッドフォン難聴の可能性があります。

Read More