耳鳴り

きちんと理解しておきたいこと

耳鳴りや難聴はどちらも耳の異常ですが意味合いが違ってきます。きちんとした診察が必要でその後のきちんとした対応が必要になってきます。 耳鳴りはキーンというような音やジーンというような音が鳴っているような状態です。難聴は声が聞き取りにくいような症状があらわれることです。 難聴はどこに生じているか特定することが出来ますが、耳鳴りはどこが調子悪いのかは本人のみがわかっているだけで特定することが難しい病気といえます。 突発的に起きる難聴もありこれに関しては治療をしていくことで改善が見られる場合もあります。 完全治癒する場合もありますが、症状が良くなるだけの人もいますし全く改善しない人もいます。このような違いがでる理由はまだわかっていません。

工夫をして対処をしていく

耳鳴りがない場合で難聴である場合は補聴器の利用で改善できます。 耳鳴りは上手に付き合っていくことが大事になってきます。気にならないようにするためには静寂をつくらないことがいいと言われています。 静寂は続くと音が非常に気になってしまいます。その音が気にならなくなるように音を出しておくといいです。それも出来るだけ落ち着ける音が理想です。 それによって気にならなくなります。 またストレスや血流が問題である場合が多い耳鳴りや難聴ですが、それを改善出来るかもしれないものにサプリメントはあります。うまくいけば病院に行かなくても症状が改善される可能性もあります。まずは病院で診察してもらうことが大事ですが、工夫できることもいろいろあります。