若い世代に増える難聴

ヘッドフォンの利用で発症する

近年若い世代を中心にして増えている難聴の一つにヘッドフォン難聴と呼ばれるものがあります。この難聴は、通常の難聴と同様に症状に耳鳴りが発生するケースや耳がつまる感じがするのが特徴です。ヘッドフォン難聴の原因としては、音楽プレイヤーなどをヘッドフォンやイヤホンで聴く時にボリュームを上げすぎることが原因となっています。大きな音で音楽を聴くことによって、知らずのうちに耳の蝸牛と呼ばれる部分を酷使し、難聴を引き起こしてしまいます。普段ヘッドフォンやイヤホンを利用して音楽を聴いている人で、日常生活の中で頻繁に耳鳴りが発生するという人はヘッドフォン難聴の可能性があるので早めに診察を受ける必要があります。

難聴をチェックする

ヘッドフォン難聴は自分で気がつかないうちに進行しているのが特徴で、予兆と言われる耳鳴りが発生しても気に留めずに生活を続ける人がほとんどです。ヘッドフォン難聴かどうか見極めるのは耳鳴りや聞こえづらくなる以外にも、普段の生活の中でチェックすることができます。日々の生活で、テレビの音が大きいと周囲の人に指摘されたことがある人や、普段の会話の中で相手が喋ったことを推測で理解することが多い人などはヘッドフォン難聴の可能性があります。他にもひそひそ話をしたときに聞こえづらいと感じる機会が多い人も可能性は高いと言えます。一度難聴になってしまうと治療で治すことができないので、日々の生活の中で気をつける必要があります。